読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mzgkworks

iOSを中心にプログラミング関係について書く

【Git】作業の途中で前のコミットに含めるべき誤りを発見した場合

直前のコミットではなく、いくつか前のコミットの誤りとか漏れを一旦作業を中断して、修正を行うような場合のメモ。
Push前まで限定。

log

* b4b1588 4-04: ファイルの追加と関連付け <- 2
* eb99f01 4-04: 計算結果画面のレイアウト <- 1
* 4ba3720 4-03: 機能の実装

手順

  1. (コーディング)画面レイアウトを作成 -> コミット : eb99f01
  2. (コーディング)ファイルの追加と関連付け -> コミット : b4b1588
  3. (コーディング)計算結果画面の実装 -> 途中でレイアウトの誤りを発見
  4. 作業を中断 -> $ git stash save -> スタッシュして退避
  5. コミットの修正 -> $ git rebase -i レイアウトの前のコミットID(4ba3720)
  6. 表示された内容の画面レイアウトの作成部分を edit に変更 -> 保存して終了
  7. Xcodeでレイアウトの誤りを修正
  8. $ git add .
  9. $ git commit --amend(必要ならコミットメッセージの修正)
  10. $ git rebase --continue
  11. $ git stash pop で退避を反映