読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mzgkworks

iOSを中心にプログラミング関係について書く

【Git】Git入門レッスン_Chapter03

コマンドの場当たり的な使い方ではなく、Gitの使い方をちゃんと理解したいので始めてみる。
この本はストーリー形式で学べるので、とても学習しやすい。

アリスとボブのGit入門レッスン

Git管理の開始

git init でGit管理が始まる。なので、管理を始めたいタイミングで実行する。

コミットとエディタ

git commit-m "コミットメッセージ" オプションなしで実行すると、メッセージを入力するためにエディタが起動する。
コミット候補から除外するには、以下のコマンドを実行するよう表示される。

$ git rm --cached <file>

ユーザー情報の設定

  • 未設定の場合は、ログイン情報から設定される
  • 設定を行う場合は、以下のコマンドを実行する
$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email メールアドレス

ユーザー毎の設定

  • --global はログインユーザーに対しての設定になる
  • 情報が格納されるファイルは ~/.gitconfig
  • 内容の確認は以下
# gitコマンドで確認
$ git config -l --global
user.name=ユーザー名
user.email=メールアドレス
color.ui=auto
core.excludesfile=管理対象外を設定したファイルの場所

# ファイルを参照して確認
$ cat ~/.gitconfig
[user]
    name = ユーザー名
    email = メールアドレス
[color]
    ui = auto
[core]
    excludesfile = 管理対象外を設定したファイルの場所

設定の種類

Gitが参照する順序は以下。最後に参照される内容が優先される。

  1. 全ユーザー用:/etc/gitconfig で、git config --system で設定した内容
  2. 各ユーザー用:~/.gitconfig で、git config --global で設定した内容
  3. 現在使用中のリポジトリ用:.git/config

参照:

Git - Git の設定

Git チュートリアル: 基本編 | アトラシアン

直前のコミットのAuthorを修正する

$ git commit --amend --reset-author

参考書

ストーリー形式でGitの使い方を学んでいけるので、1人学習がしやすい本。

アリスとボブのGit入門レッスン

アリスとボブのGit入門レッスン

Kindle

アリスとボブのGit入門レッスン

アリスとボブのGit入門レッスン